むつ市でニホンザル捕獲、連休明けにも

むつ「北限のニホンザル」連休明けに捕獲開始(デーリー東北5/2)

むつ市教育委員会がGWの連休明けから脇野沢地区のニホンザル二匹を捕獲すると発表したそうな。

もしかしたらまた日本全国から抗議の電話が鳴ったり脅迫文がむつ市などに送りつけられたりするのかも知れませんが…
言っちゃ悪いが、ニホンザルとかはけっこう危険な野生動物です。
牙はある、動きも素早い、しかもあちこち登って異常な行動力がある、とっても厄介な存在です。
たぶん今までの抗議においても猿回しの「かわいいおサルさん」ぐらいのイメージで抗議している人が多いのでしょうが、野生のニホンザルはまさに野生動物なわけで、あれに襲われるとけっきょうな恐怖を覚えるものなのですよ。
ということで、ライオンに襲われても平気な一部の人が講義する分には何も言えませんが、ライオンに襲われて尚ライオンの頭をなでる心意気をもてない人はあまり抗議しないで欲しいな…と思ったりします。

誰も好きでサル殺したりしないんだからさ、人や産業に影響あるから仕方なく許可とって駆除するんだから…それでも講義したい人はサルを引き取って欲しいと思います。

コメントを残す

%d