メダカで水源の水を監視

メダカが監視、浄水場の水…異常あれば給水停止(YOMIURI ONLINE7/23)

水道水の水源の水を監視するために、メダカを観察するというシステムを静岡県が稼動させるそうな。

平たく言えば、水道水の水源に異常があればメダカにも異常が出るので、それで水道の供給などを停止する判断材料にするってことよね。
一見メダカに異常が出た時には手遅れにも思いがちですが、実際には水道水のろ過にはけっこう時間がかかるので間に合うって寸法ね。

正直おもしろい試みだと思います。
下手に科学的に調べるよりも、生き物の影響を調べる方がわかりやすい部分はありますから。
ただ観察者の知識や経験次第の部分もあると思う、相手は生き物ですから病気とかの見極めもできんとあれだし。
ということで、静岡県のそのメダカの観察者の人のがんばりに期待したいです。

コメントを残す

%d